2011年

10月

26日

脱原発へ女たちが10日間ぶっ通しで結集する!

明日10月27日(木)から29日(土)まで「原発いらない福島の女たち」

の方々が県外の参加者も30数名を含め100人以上で霞が関経産省前で座り込みを開始する。

詳細: http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html

 

また引き続き 福島の女たちに続け!「全国の女たちアクション」の皆さんが

10月30日(日)から11月5日(土)までの1週間同じく経産省前で座り込みを実施する予定だ!

詳細: http://d.hatena.ne.jp/onna_suwarikomi/

 

どうか老若男女を問わず、応援、短時間でも参加、賛同を当会からもお願いしたい。

 

このブログでも再三言及しているが原発事件発生後から続き、拡大してきた一連の脱原発運動は数十年の努力を続けて来た平和運動家や原発原爆反対運動の団体などの努力はもちろん、市井の一般の女性の母性ある本能が危険なものは危険、命の育みに要らないものは要らないとの明確な意思表示として、デモや集会勉強会などへの一般の参加が増え続けてきたのである。いよいよ国民運動へと飛躍しなければならないし、そうなりつつあるのは明白である。

 

最近ある中学1年生の夏休みの生活作文がウエブやツイッター上で話題になっている。参照: http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/3566551d49fc28b5dfcb648912e28ef7

この作文を読むとしごく全うな当たり前のことを中学生が感じているのが分かる。

自身の目で見て、考え、行動する当たり前だが現在の我々大人の日本人に欠いている過たない精神を持っていることを知り、将来に少し光がさした気がするのは筆者だけではないだろう。実際、デモなどですれ違う子供たちは大人と違い正直にそうだ!と声援を送ってくれる場合も少なくはないのである。

 

しかし、我々が闘っているその敵は単なる同胞が勘違いして選民意識を持った利権集団ではない。この悪徳ペンタゴン(政財官学放)を中心とした輩と各地の地元利権集団は、実は直接的にまたは間接的に獰猛に一般市民を食い殺そうとしている今や、焦っている世界の似非支配層、金融至上主義者、白人至上主義者、シオニスト、新自由主義者などの奴隷に成り下がることでおこぼれにあずかろうとする同胞を裏切る壊国、売国者たちである。

 

世界の日本の原発利権、金融問題、食糧問題、エネルギー問題、貧困、格差、沖縄の基地問題やマスコミに偏向報道、検察の暴走など全て根は同じなのである。もはや我が国は法治国家でも民主国家でもないことを認識しなければならない。日本が真に独立を勝ち得、全ての国民が安寧に暮せるために公僕は基本的人権、国民主権、平和主義の三原則を遵守する義務がある(憲法99条)。そして全文には平和を維持し、専制と隷属、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと、、とあるがこれは国民自らも不断の努力を必要とするのである。

 

福島第一原発は一向に改善や終息に向かっておらず、毎日放射能が降り続けているのは海外の研究者からの報告や心ある同胞の活躍で明らかである。優先順位は原発問題が第一ではあるがその他の問題も同根であり、日本の似非支配層たる悪性官僚、政治屋、大企業家など米国帝国主義者や一部戦争屋などの奴隷に成り下がることで、おこぼれにあずかることが出来ない状態に今さしかかりつつあることは、9割の一般庶民にとっては希望である。粘り強く諦めずに運動を継続することが肝心だがその前に日本人が食いつくされない事を強く祈るところである。

 

皆さん共に未来にの子孫に恥じない、自然を畏怖し共生する地域、共同体を一から作りましょう。

 

全国の女たち座り込み チラシは 右の ギャラリーページ トップにあります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    スーパークララ (木曜日, 13 8月 2015 10:28)

    経済産業省のテントの所で、ワアー、ワアー騒いでいる連中達のことに対してのことと山口組の死にかけのジジイの後藤忠雄のことですけど・・・
    山口組の死にかけのジジイの後藤忠雄が、アメリカの病院で何年も待っている何千人ものドナー待ちの患者がいるにもかかわらず、尻目に最優先で内臓の移植手術をしたことが、何よりの証拠になります。
    アメリカのアホの犯罪のアリバイ工作や隠蔽工作のボロが出ている最もないい証拠だと思います。いいですか、アメリカの国民より一番先に最優先で内蔵の移植手術をしているんです。
    そのことの意味が、分りますか?つまり、自称日本人と名乗る在日朝鮮人が、アメリカのバック、サポートの上で日本でデカイ顔をしているんです。
    アメリカのCIAによって日本政府が、素性と経歴を世界大戦後すぐにに改ざんしたものなんです。
    そして、山口組の後藤忠雄というカスが、それを否定できないんです。なぜなら本当の意味で、アメリカのCIAと共に活動、働いていたからです。
    証拠ならそこら中に、コロコロとあります。きっとインターネットでも、いくつかあるんじゃないですか?おそらく・・・あと、例をあげれば、オオム真理教の一件なんかも山口組の後藤や
    アメリカ政府のCIAと稲川組が絡んだものもあります。麻薬絡みで・・・そして、さっきの上記の移植手術の一件が、トドメになります。アメリカでもニュースか
    何かでその情報があったと思います。
    そういう連中が、かなりいるんです。本当に日本人ではないんです。世界大戦後のアメリカの日本支配の一貫としての政策なのです。
    それでいて一方では、一般の日本人を馬鹿にするような感じで山口組のアメリカでの銀行口座凍結なんてアホなことを大きく発表しているんです。アメリカ政府は・・・
    そういうものは、必ず日本政府のもと、NHKで全国放送するんです。それで、騙されている日本人や何も知らない日本人を利用しているんです。
    そして山口組の支配下に入ってしまった日本人とかが、山口組の支配下で働いているんです。芸能界の「(故)美空ひばり」のように・・・
    今までの私の言っていることが、嘘ではないことが証明されていると思います。

    経済産業省のテントで、ワアー、ワアー、騒いでいる金で雇われているアホの連中達も、自称日本人と名乗っている在日朝鮮人のヤクザの構成員のアホくさいドロ芝居なんです。
    つまり、朝鮮人を非難してますが自称日本人と名乗っている在日朝鮮人なんです。ああいう連中をちゃんと調べればヤクザの所に辿り着きます。
    そうじゃなくても普通の一般人なら見れば分ると思います。外見や仕草で・・・どういう人間か。ましてや、子供の日にあんな大人気ないことをしている時点でどうかと思われますが
    常識的にだいの大人が・・・在特会(日本人を欺くためのもの)の連中もしかりです。あと、何も知らない日本人がいるかどうかです。あと金目当てか。パチンコ店とかヤクザには、
    全然ああいう連中達は、攻撃しませんけどね!!笑ちゃいますがね!!
    ちゃんと世間のことを知っている人なら分っていると思います。どういう人達か、組織かということを。

    原発の推進の指揮を取っているのが、三井・三菱・住友、元凶そのものです。直にアメリカの命令を受けて日本政府、ヤクザの山口組、稲川組に、指揮しています。
    最近、新聞やニュースでも、諸外国から奴隷として連れてきた事に対してのことをしていますが、なぜ今になって取り上げたというと私の書き込みを恐れてのものです。
    山口組、稲川組の次にくるとすれば、三井・三菱・住友そして日本の実権を握っているカスどもだからです。
    ここで、原発とは違いますが、少し話したい事があります。三井・三菱・住友そして日本の実権を握っているカスのことです。
    ときは、世界大戦前後になりますが、三井・三菱の連中どもが、なぜ日本の実権を握っていることとして表に出てこないで、軍事兵器産業としてしか出てこないのは、
    今のニュースを見ても疑問に思うはずです。東条英機だけを担ぎ挙げて裏で操っていたのは、三井・三菱・住友そして日本の実権を握っているカスの連中が、隠れて
    指揮していたのは、明白だったと思います。そして天皇一家を隠れミノとして・・・しかし、アメリカからはお咎めなし、これでわかるはずです。
    始めっから世界大戦になる前から日本をハメたのは、アメリカの命令で仕組んでいたのは、こいつらなんです。広島と長崎に原爆を落としたのもあの当時、始めっから
    わかっていたんです。天皇一家は、多分あまり知らなかったはずです。操り人形ですから・・・昔は、インターネットもないし、情報がなく、情報が隔離されていたので
    何も日本国民は、知りませんから・・・あの当時の日本人は、本当に可哀想だったと思います。
    本当のあいつらの正体を言いたいのですが、これから先は、本当の意味でSFの世界になるので、ちゃんとした証拠と説明がないと理解してもらえないので、
    あえて言いません。ほんと、漫画の世界とSF映画の世界です。それをひた隠ししているのが、今の日本政府とアメリカ政府です。
    私の言っていることが、デタラメでないことは、明治前後の三井・三菱のカスとアメリカ、イギリスとの関係を調べればわかるはずです。
    このことを、アメリカ政府が特に怖がっているんです。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから